人気ブログランキング | 話題のタグを見る

伝承文学研究会公式ブログ

by densyoubungaku

日 時 2022年1月29日(土)13時30分~15時00分

※Zoomミーティングで開催します。参加ご希望の方はy-niho@suac.ac.jpまでお問い合わせください。


研究発表 徳竹 由明 

中京大学教授
研究論題 対馬に於ける異国襲来言説の構造
時 間 13時30分~15時00分
【要旨】
長崎県の離島である対馬は、その大陸・朝鮮半島と九州を繋ぐ場所に位置するという地域特性もあり、歴史上何度も異国による襲来を受けてきた。そうしたこともあり、近世以降の対馬藩内で編まれた文献には多様な異国襲来言説が収載されている。発表者はそのうち蒙古襲来以降の異国襲来言説について、基本的には『八幡愚童訓』『和漢合運』、『高麗史』『東国通鑑』等々島外の文献を利用してその大枠を形作り、細部については島内の言説を用いて肉付けをしていく様相を明らかにしてきた(「対馬に於ける文永の役関連言説の生成と変容」〈『軍記と語り物』54、2018年3月〉、「対馬に於ける康応元年度の高麗襲来言説を巡って」〈伝承文学研究会令和元年度大会 2019年9月、於長野県立大学〉、「対馬に於ける蒙古襲来周辺言説」〈『伝承文学研究』69、2020年8月〉等々)。今回の発表では、刀伊の入寇等蒙古襲来以前の異国襲来言説について、近世中期の『津島紀略』『対州編年略』、近世後期の『対州古跡集』等の対馬の文献を繙き、その言説の在り様について考察する。

# by densyoubungaku | 2021-12-28 13:56

第473回東京例会のご案内

Zoomによるオンラインで開催します》
日時:22022年1月22日(土) 14:00〜16:00
内容:《研究発表》
    中世の説話とその周辺からみる神仏による攻撃の方法について
               羽鳥佑亮 氏
::::::::::::::::
*参加される方は、最下段のフォームにて【1月19日(水)までに】
 <oshimay@gunma-ct.ac.jp>宛に返信してください。
 前文等は不要です。
*返信のあった方には、前日(1月21日)にアクセス情報と発表資料配布方法を連絡します。
*新規参加者に紹介くださる場合は、参加申込についてもご案内ください。
*東京例会での発表をご希望の方は、下記連絡先へお知らせください。
*次回は(2月19日)に特別企画で開催する予定です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
《例会連絡先》
         大島由紀夫
oshimay@gunma-ct.ac.jp
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

*******参加申込フォーム*******
氏名:
所属:
メールアドレス:
*********************************

# by densyoubungaku | 2021-12-28 13:49

日 時 2021年11月28日(日)13時30分~16時00分

※Zoomミーティングで開催します。参加ご希望の方はy-niho@suac.ac.jpまでお問い合わせください。


研究発表 金 陀美  

名古屋大学大学院生(博士後期課程)
研究論題 『光明真言功徳絵詞』に見る明恵の光明真言思想
時 間 13時30分~14時30分(発表40分+質疑応答20分)
【要旨】
本発表では、室町時代に成立した『光明真言功徳絵詞』における明恵の光明真言思想に注目する。この作品は中世における光明真言の信仰形態や展開を知るたまめの史料として重要な研究対象であるが、今までの研究では梅津次郎をはじめとして美術的面からの考察が中心であった。先行研究は『光明真言功徳絵詞』には明恵の光明真言思想の影響があったという指摘はあるものの、それ以上の具体的な考察は行われていない。光明真言は平安時代以来から行われていたと伝えられているが、中世において光明真言の深義をもっとも理解し、衆生に流布しようとしたのが明恵である。よってこの『光明真言功徳絵詞』には明恵の光明真言関連の著作と共通する表現や内容をが見出すことができると考える。本発表は『光明真言功徳絵詞』に明恵の光明真言思想がいかに受け継がれていったかについて考察する。特に晩年に明恵が著した五つの光明真言関連の著書が『光明真言功徳絵詞』においてどのように受容され、語られているかを明らかにする。


研究発表 岩井 哲治  
江戸川女子高等学校教諭
研究論題 「歌書としての『神道集』」
時 間 14時40分~15時40分(発表40分+質疑応答20分)
【要旨】
『神道集』の巻九‐四九「北野天神事」は、『神道集』全体が東国重視の姿勢で記述される中で、京畿の神でありながら唯一「物語的縁起」で記述されている点、全五〇章段の締めくくりにある点で、重視すべき章段と言える。その「北野天神事」の末尾に登場する「為世」なる人物は、御子左家の正統を自認する二条為世と考えられるが、この記述は数ある北野天神縁起の中で、『神道集』のみに書かれた特異なものである。この二条為世を起点に、和歌世界との関係性を軸足として『神道集』を捉えたときに、「蟻通明神事」以下の和歌説話の章段群の存在理由や、「御神楽事」でいわゆる「神祇歌」が満載されている理由が、見えてくるのではないか。ただし、『神道集』の中で住吉明神が強調されていない状況や、『神道集』が成立した南北朝という時代を考えたときに、その背景にあるものは、和歌そのものというより、和歌世界と近接した連歌世界と考えるのが妥当であろう。

# by densyoubungaku | 2021-10-18 21:42

第472回東京例会のご案内

Zoomによるオンラインで開催します》
日時:2021年11月20日(土) 14:00〜16:00
内容:《研究発表》
   興正派本山興正寺所蔵『もちうち』の位相・寸見
             田口 寛 氏
::::::::::::::::
*参加される方は、最下段のフォームにて【11月17日(水)までに】
 <oshimay@gunma-ct.ac.jp>宛に返信してください。
 前文等は不要です。
*返信のあった方には、前日(11月19日)にアクセス情報と発表資料配布方法を連絡します。
*新規参加者に紹介くださる場合は、参加申込についてもご案内ください。
*東京例会での発表をご希望の方は、下記連絡先へお知らせください。
*次回は12月25日(土)に特別企画で開催する予定です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
《例会連絡先》
         大島由紀夫
oshimay@gunma-ct.ac.jp
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

*******参加申込フォーム*******
氏名:
所属:
メールアドレス:
*********************************

# by densyoubungaku | 2021-10-17 22:01

第471回東京例会のご案内

Zoomによるオンラインで開催します》
日時:2021年10月16日(土) 14:00〜16:00
内容:《講演》
    「豆腐小僧あらわる―豆腐地蔵の応化―」
                  徳田 和夫 氏
::::::::::::::::
*参加される方は、最下段のフォームにて【10月13日(水)までに】
 <oshimay@gunma-ct.ac.jp>宛に返信してください。
 前文等は不要です。
*返信のあった方には、前日(10月15日)にアクセス情報と発表資料配布方法を連絡します。
*新規参加者に紹介くださる場合は、参加申込についてもご案内ください。
*東京例会での発表をご希望の方は、下記連絡先へお知らせください。
*次回は11月20日に開催する予定です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
《例会連絡先》
         大島由紀夫
oshimay@gunma-ct.ac.jp
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

*******参加申込フォーム*******
氏名:
所属:
メールアドレス:
*********************************

# by densyoubungaku | 2021-09-25 01:21